三上 寛

1950年3月20日生まれ。青森県北津軽郡小泊村(現中泊町)出身。 警察学校中退後、1968年に上京。様々な職を経験しながら、フォークシンガーの道を歩む。作風は、怒号のような荒々しさからささやくような穏やかさまでを湛える情念に満ちた歌声と、生々しくきわどい表現の歌詞から「怨歌」フォークとも言われていた。 音楽活動の一方、作家、俳優としても数多くの作品で活躍しており、1970年代の映画や刑事ドラマでは、個性派の怪優として狂気的な演技を見せた。主な出演作は、「仁義なき戦い 組長の首」(75)、「戦場のメリークリスマス」(83)、「この愛の物語」(87)、「226」(89)、「トパーズ」(91)、「AIKI」(02)、「アイデン&ティティ」(03)、「南京の真実」(08)、「世界で一番美しい夜」(08)、「美代子阿佐ヶ谷気分」(09)、「BOX 袴田事件 命とは」(10)、「エクレール・お菓子放浪記」(11)など。

公式Facebook

公式ツイッター